肩こり解消ガイド TOP → 肩こり時の湿布の使用方法 冷湿布

冷湿布

温湿布が肩こりにとても効果があります。では、冷湿布はいったいどのような場合に利用するのでしょうか。冷湿布は文字通り冷やしてくれる湿布のことです。これは腫れや痛みを解消するのにとても効果的です。例えば、急激に痛みがあった場合など、患部を冷やすことが必要になってきます。この際には冷湿布が非常に役立つでしょう。

冷湿布には急な痛みや腫れなどから起こる炎症の熱を下げることに用いられます。炎症が起こっている急激な肩こりに効果的なのです。冷湿布にはメントールやアルコールなどの揮発しやすい成分が配合されています。それらが患部に起こっている熱や炎症を逃がしてくれます。

そのため、痛みやこりがある部分に貼ることによって症状を和らげることが出来ます。肩こりが急性に起こった時は炎症を起こしていることが多いですから、炎症が治まるまでは冷湿布を使用するようにしましょう。もし、手元に冷湿布がない場合は、例えばアイスパックや氷を入れたビニール袋などでも代用することが出来ます。アイスパックであれば凍らせれば何度も使用することが出来ます。1つ持っておくと便利です。

ただし、あまり冷やし過ぎると逆効果の場合もあります。様子を見ながら使用することをお勧めします。長時間冷湿布を貼って患部を冷やし過ぎると血行が悪くなり、肩こりが悪化してしまうこともあります。使用する際は注意するようにして下さい。肩こりが起こった時はどんな肩こりなのかを自分自身できちんと見極めて温める湿布と冷やす湿布をうまく使い分けるようにしましょう。

湿布