肩こり解消ガイド TOP → 肩こり時の湿布の使用方法 湿布

湿布

肩こりがひどい時にすぐに思い浮かぶ対処法として、湿布を貼ることではないでしょうか。湿布は手軽にドラッグストアやコンビ二などでも買うことの出来ます。湿布は日常生活で肩こりを解消することが出来る方法の1つです。実際に肩こりの解消方法として湿布を使用する方はとても多いです。

しかし、この湿布には、大きく分けて温湿布と冷湿布の2つの種類があるのをご存知でしょうか。冷湿布は冷たくて気持ち良さそう、温湿布は温かくて気持ち良さそうなど湿布にも好みがあると思いますが、温湿布と冷湿布はそれぞれ効果が違います。肩こりの原因によって使い分ける必要があるのです。間違えた使い方をしていると肩こりが改善するどころか、湿布を貼ることがかえって逆効果になってしまうこともあります。

ここでは簡単に説明しますが、基本的には、慢性的な肩こりに対しては温湿布、急性に起こった肩こりに対しては冷湿布を使用すると良いと言われています。この違いを知っておくといざという時に役立ちますし、より効果的に肩こりを改善することが出来るようになります。湿布ををうまく使い分けてさらに効果を高めましょう。

ただ、温湿布も冷湿布も長時間貼りっぱなしにしていると皮膚呼吸が出来なくなって皮膚に負担をかけてしまうことがあります。使用する際は注意するようにしましょう。皮膚が弱い方は特に注意してこまめに湿布する場所を変えるようにして下さい。

湿布


レーシック
レーシックなら確実性と安全性を追求する吉野眼科で!