肩こり解消ガイド TOP → 肩こりを引き起こす原因 マウス、キーボード

マウス、キーボード

パソコンというのは、今では仕事だけでなく、プライベートでも必須のアイテムです。勤務時間のほとんどがパソコンを使用する仕事の方も少なくありません。パソコンの普及に伴って、肩こりや首のこりを訴える人はとても増えています。なぜらば、パソコンを使用するという動作そのものに肩こりを起こさせる要素が含まれているからです。

イスに座って画面を見たり、キーボードやマウスを操作するだけでも複数の筋肉が働きますので、筋肉が緊張します。そのため、長時間パソコンを使用する作業は肩こりを引き起こす原因になるのです。そのため、長時間パソコンを使用する時は身体が辛くならないように対策を行う必要があります。

まず、1番気をつけなければならないのは、パソコンを使用する際の姿勢です。理想的な位置に机やパソコンを置いて、正しい姿勢でデスクワークを行っても筋肉の疲労は起こります。姿勢が崩れている状態でパソコンを使うと身体にはかなりの負担がかかります。

この負担の期間が長ければ長いほど、慢性的な肩こりが起こるようになります。ですから、まずはパソコンの位置とパソコンを使用する時の姿勢を見直すようにしましょう。また、最近はキーボードやマウスなど利用する腕を保護するクッションが販売されています。これらを利用することによって少しは負担が減るかもしれません。

無理な角度でのマウスの使用はかなり負担がかかります。良いマウスやマウスパッドを使うことをお勧めします。また、ノートパソコンよりもデスクトップパソコンの方が首への負担が少なくて済みます。仕事がらノートパソコンを利用している場合は、外部ディスプレイを利用することによって緩和出来るでしょう。

肩こりを引き起こす原因


水素水ボトル
http://pcwater.jp/item03.html

ラスリテック
ラスリテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!