肩こり解消ガイド TOP → かたこりの基礎知識 肩こりと頭痛

肩こりと頭痛

肩こりと頭痛には、実は深い関係があります。肩こりと同時に頭痛を感じる人は多いです。これらは肩こり頭痛と呼ばれています。肩こりから起こる頭痛は、生命に関わるほどの重篤なものではありませんが、肩こりがしているのに頭痛もするという症状はとても不快です。

肩こりから起こる頭痛は、慢性的に発生し、圧迫感がある痛みが長く続くというのが特徴です。頭痛が起こる前に首筋や後頭部の辺りが肩にかけて張りを感じた場合、その後頭痛が起こるケースも多いです。このような頭痛のことを緊張性頭痛と言います。

緊張性頭痛は肩こりが多い日本人によく見られる頭痛です。頭痛持ちのうち約7〜8割の方が緊張型頭痛であると考えられています。緊張型頭痛は、様々な精神的ストレスや肉体的ストレスなどがきっかけで痛みが起こる頭痛です。頭を何かで締め付けられるような痛みが特徴で、鈍い痛みというよりは鉄兜を被っているように頭に重みを感じます。

痛みは軽く、日常生活に支障をきたす程ではありませんが、数日続くこともあります。吐き気を伴うことはほとんどありませんが、倦怠感やめまいなどを伴うこともあります。筋肉内の緊張によって筋肉に老廃物が溜まってしまうことが原因ですので、まずは肩こりをほぐす必要があります。

また、自分自身が肩こりであることに気づかず頭痛を感じる方も少なくありません。頭を何かで締め付けられるような痛みの頭痛を感じる場合は、緊張性頭痛の可能性が高く、その場合は肩こりが原因となっていることが多いので注意する必要があります。

かたこりの基礎知識


リルテック
リルテックなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

不用品回収 千葉 成田 茨城
http://www.eco-harmony.co.jp/