肩こり解消ガイド TOP → かたこりの基礎知識 肩こりの仕組み

肩こりの仕組み

肩こりの症状は様々ですが、起こるメカニズムには共通点があります。それは肩こりは筋肉の中での血行障害が原因で起こるということです。首から肩にはたくさんの筋肉があります。私たちが何もせずに座っているだけでも頭を支えるために首や肩の筋肉は働いています。座っているだけでも筋肉は働くため、動けばさらに筋肉は働くことになります。

筋肉が活動するだめには酸素と栄養が必要となります。筋肉の活動に必要な栄養や酸素は血管を通して運搬されます。また、筋肉内で発生した疲労物質は血管により代謝経路まで運ばれています。そのため、筋肉の中の血管に十分な血液が行き渡っている必要があります。

しかし、血液が不足してしまうと血がうまく流れなくなるため、筋肉が酸素不足になり、乳酸などの老廃物が溜まってしまいます。そうなると筋肉の細胞から血がうまく流れず、筋肉が酸素不足になり、乳酸などの溜まった老痛物質が出てしまいます。その結果、神経を刺激するようになって肩こりや痛みを感じるようになります。

筋肉が運動している時には、血液が勢い良く流れますが、何らかの理由で筋肉の緊張状態が長く続くと血液がうまく流れなくなりますり、肩こりを引き起こすのです。肩こりが起こると、血管がさらに圧迫されて余計に血流が悪くなるという悪循環が生まれます。

首や肩を動かしたり、マッサージを行ったりすると一時的に血流が良くなるため、肩こりが軽くなるのはそのためです。この点からも肩こりが起こる仕組みは血行障害であるということが分かると思います。

かたこりの基礎知識


遺品整理を大垣で探しましょう
遺品整理を大垣でならまごころ便利屋スマイルで!

リキスミア
リキスミアなら医療関係者向けの製品情報サイトで!